<ベテランの練習方法> | TOP | <最後の試合>

<絶対に勝つ!という気持ち>

初心者卓球上達法、e3-pingpongのOBUです。
いつも読んで下さり、ありがとうございます!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
<絶対に勝つ!という気持ち>
○───────────────────○

先のリオ五輪で銅メダルを獲得した水谷選手は、
直後のインタビューでこう答えていました。


「ここで勝たなかったら絶対に後悔する」


おそらく、これまでにない必勝の決意で
臨んだものと思われます。(#^^#)


今号では、絶対に勝つんだ!という気持ちについて
考えたことを述べます。


・・・・・

先日、清水ラージボールリーグ戦に参加しました。


私は役員をやっている関係で、
大会を滞りなく運営する仕事があります。


台出しなど会場設営、運営委員の皆さんへの段取り説明、
受付、開会式、アナウンス、記録、後片付け、静岡市卓球
協会ホームページへの結果のアップ、などがあります。


いつも皆さんのご協力のお陰で、
大会運営がスムーズに進んでいます。


本当に、ありがとうございます! (^^)


そして自分の試合の出番が来ると、
他の運営委員に本部をお任せして試合に入ります。


朝の練習は出来ませんし、準備運動もそこそこに
試合に入ることも、日常茶飯事です。(^^;;


だからというワケではありませんが、
集中力を欠いた状態で試合に入ることがあります。


案の定、そういう時は良い結果に繋がりません。(^^;;


ダブルスはパートナーのお陰で勝てることもありますが、
シングルスはあっさりと負けてしまいます。


気持ちの切り替えをしっかり行いたいと、
いつも思ってはいるのですが、これがなかなか難しい。(^^;


何試合かこなして、ようやく「試合モード」になります。


こんな状態では、なかなか勝てませんね。


先の清水ラージボールリーグ戦では、
最終戦になってようやく100%集中できました。


絶対に勝つのだ!という気持ちになりました。


ここで(自分が)負けたら、チームは一体
いつ勝つのだろう?という計算もありました。


チームとしては通算成績が4戦全敗だったので、
どうしても勝っておきたかったのです。


お陰様で、この試合に私は勝つことが出来て、
チームとしてもやっと1勝です。


何とか最下位、ビリ2は避けて、残留を目指します。


・・・・・


前述は、私の例を挙げましたが、
社会人であるとなかなか卓球に集中できない
こともあるのではないでしょうか。


せめて練習会場、試合会場に行った時は、
会社や仕事のことは忘れて、
一人の選手として卓球に集中したいものです。


試合に臨んでは「絶対に勝つ」という気持ちで。(^^)v

2016.10.18 11:05 | Comments(0) | Trackback(0)


コメント


タイトル :
名前 : URL :
お手数ですが、「確認」と入力して下さい。 :

トラックバック

トラックバックURL


<<2016年10月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント