<あらためて、リオ五輪>

初心者卓球上達法、e3-pingpongのOBUです。
いつも読んで下さり、ありがとうございます!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
<あらためて、リオ五輪>
○───────────────────○

今、リオオリンピックの卓球競技の録画を観ています。


もう、一時のフィーバーを過ぎ、過去の事(思い出)に
なっているのが普通の感覚だと思います。


しかし、あえて今、もう一度観ています。


こうして録画を観るのは、3回目か4回目になります。
特に女子団体の準決勝や3位決定戦です。


「相当、好きですねぇ~」と言われそうですね。(笑)


勝敗は分かっているのですが、心の中で
やはり日本を応援してしまいます。


特に準決勝ラストの福原愛選手対ハン・イン選手の
対戦、最終セットをじっくりと観てしまいます。


9-7とリードしたところまでは良かったのに、
なぜここから逆転されたのだろう?


決して福原選手は悪くないのに、
最終的に負けてしまったのは何故なのだろう?


単純に相手が上手だったということだろうか?


いや、そんなはずはない。


もしそうならば最終セットまで
もつれ込むことはないだろうから。


では、勝敗を分けたものは何だったのか・・・。


などと考えながら観てしまいます。(#^^#)


ここからが私独特の観方だと思うのですが、

「もし同じシチュエーションで、
私が福原愛選手だったらどうしていただろう。
どんな心理状態だっただろうか」

「逆に、私がハン・イン選手だったら、
どういう気持ちで戦っていただろうか。
何を考えていただろうか」

「あ、今の表情。
一体どんな心理状態だったのだろう」

と、つらつらと思い巡らせてしまうのです。


私も団体戦において、彼女たちほどではないにせよ
プレッシャーのかかった状態で試合することがあります。


その時の参考になる気がするのです。(^^)


また録画を見返していると、1回目や2回目では
気付かなかったシーンに気付きます。


応援している石川佳純選手や伊藤美誠選手の
表情や仕草が一瞬映ったりします。(^^)


応援している彼女たちの気持ちはどうだったのかと
思い巡らすことも出来ますね。


ここぞという試合で勝利を手繰り寄せるのは何なのか。


「技術だけではない『何か』があるのだ」


と私は感じているのです。(^^)v

2016.12.13 12:24 | Comments(0) | Trackback(0)


TOP 次の記事へ>>
<<2018年11月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント