<断固たる決意>

初心者卓球上達法、e3-pingpong のOBUです。
いつも読んで下さって、ありがとうございます!


ゴールデンウィークに入りましたが、皆さんはどう過ごしますか?
私は子供たちの試合の応援がメインになります。


では、今日の本題に参りましょう! (^^;

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
今号のテーマ <断固たる決意>
○─────────────────────────────────○

もうすぐ、今年度最初の試合があります。


静岡市では三月半ばの試合が終わると、体育館取りの関係で
六月まで一般の試合はありません。
この時期はちょっとしたシーズンオフです。(*^.^*)


しかし花粉症の時期が終わりを告げる頃には、私はもう身体を動かしたくて
ウズウズしてきます。(笑)
私の場合、一年で一番気合が入る試合が今年度最初の試合なのでス。(^^)d


それこそ、断固たる決意で臨みます。よーし、今年もやるゾって。


毎年私が出場する最初の試合は、おまつり大会という個人戦で、その後、
清水ラージリーグ戦(1日目)、清水リーグ戦(1日目)、と続きます。


私はどちらかと言うと、個人戦より団体戦が好きです。
今年度も清水地区では、八葉会(はちようかいと読む)のメンバーとして
参加します。


八葉会は、旧清水工業高校のOBが中心メンバーで、清水地区に昔から
存続している伝統あるチームです。


私は清水工業高校出身ではないのですが、ダブルスのパートナーの
AMEさんとのご縁でこのチームにいます。


いつの間にか、もう長年このチームにお世話になっておりますネ。(^^;


チームの紹介を少しさせてもらいますと、Aチームのメンバーは私を含め
ベテランばかりで、平均年齢は50歳を超えます。


いわゆる、「おじさんチーム」です。 ← 笑


ペン表ソフトのエース、Tさんは全国大会出場経験のある強者ですが、
最近は動きに以前のキレがなくなってきました。
しかし、それを補うスピードロングサーブからの鋭い3球目攻撃で
チームを勝利に導いてくれるでしょう。


最年長のAさんは、トライアスロンに出る程の強靭な体力と、衰えを
知らない卓球への情熱でチームを引っ張ります。昨年度はペンの
裏面サーブを繰り出し、周囲を驚かせました。


AMEさんは社会人になってから、ペンのドライブマンから粒高カット
マンに転向した変わった経歴を持ち、チームの勝敗の鍵を握る男です。
得意の王子サーブは、相手チームにとって脅威となるでしょう。


そして私。両面裏ソフトのオーソドックスなカットマンで、決して勝負を
諦めない、粘りのプレーが身上です。冷静な試合運びでチームの勝利に
貢献します。


と、まあ、ちょっとカッコ良く書いちゃいましたネ。(笑)


チームメイトの皆さんは、みんな卓球に対する想いがピュアです。


年齢が上になってくると、つい手を抜いたり、いい加減なプレーをして
しまう時がありますが、八葉会はチームの雰囲気がそれを許しません。
← ホントです。(^^;


真剣度で言えば高校の強いチームのそれに引けを取りません。
みんな起立してチームメイトの試合を応援しちゃう。(笑)


全員が真摯に試合に取り組むので、また、ベンチも一生懸命応援するので、
他のチームからは「凄い試合をしている」様に見えるらしい。
実際1つ1つの試合は大したことないンだけどネ。(笑)


昨年度は、九分九厘敗けている試合をひっくり返したり、
強いと言われるチームに結構善戦したり、
チームとしてまずまず納得の出来る試合をしました。


ま、かなり諦めの悪いおじさんチームだと思ってくれればいいでス。(笑)


先日、納会と称して八葉会のメンバーで一杯やりました。
昨年度の収支報告、今年度の試合予定のお知らせの後は、
めいめいの卓球談義に花が咲き、大変楽しい飲み会でした。(*^^*)


その中の話で、他のチームから

「八葉会は(チームとして)いい試合をしていましたネ」

「八葉会の様なチームになるのが目標です」

などの評判があったらしいのですが、そんな事を聞くと、

「よ~し、今年も頑張っちゃおうかな~!」

と、ついついソノ気になっちゃうのデス。(^^;


私は八葉会のメンバーの一人として戦うことを誇りに思います。


そしてその誇りを胸に、今年度の試合に挑戦します。


断固たる決意で ・・・!  (^^)v



2012.04.28 09:52 | Comments(0) | Trackback(0)


TOP 次の記事へ>>
<<2012年04月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント