<カットマンの戦術>

 初心者卓球上達法、e3-pingpong のOBUです。
 いつも読んで下さって、ありがとうございます!


 では、さっそく今日の本題に参りましょう!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
  今号のテーマ <カットマンの戦術>
○─────────────────────────────────○

 読者さん(戦型はカットマン)から、また質問を頂きました。

 (質問)
 「カットマンの戦術をどうすればいいですか?」


 (回答)
 ご質問のメール、ありがとうございます。
 e3-pingpongのOBUです。


 試合での戦術ですが、カットマンに限らず言えることは、
 「自分の長所を相手の短所にぶつけること」です。


 そのためには

  1.自分の強いところを知っておく
  2.相手の弱いところを見つける

 ことが必要です。


 まず1.ですが、Gさんはどこが得意ですか?
 ツッツキはフォアとバックでどちらが得意ですか。
 カットはどうでしょうか。


 どちらのツッツキの方が「ミスが少なく長くラリーを
 することが出来て、かつ相手のミスが多い」でしょうか。


 また、どちらのカットの方が「ミスが少なく長くラリーを
 することが出来て、かつ相手のミスが多い」でしょうか。


 まずは得意を中心に戦術を組み立てます。


 私の例で行きますと、以下の様になります。


 私はバックのツッツキがフォアのツッツキよりも得意です。
 切る切らないの変化をつけることが出来て、相手のネットミスを
 誘うことが出来ます。


 逆のフォアのツッツキはバックに比べると切れません。
 しかしナックルのツッツキを送ることが出来ます。


 私はバックカットが得意です。切る切らないの変化がつけられます。
 フォアカットは少し不安定です。


 バックの攻撃はストップ打ちが得意です。
 フォアの攻撃はドライブとスマッシュを打つことが出来ますが、
 実は連打が苦手です。


 試合が始まると、まずレシーブに神経を使います。


 相手はどんなサービスからどんな3球目攻撃をしてくるのかを、
 1セット目で身体で覚えます。
 よくボールを引きつけてカットでレシーブします。


 まずはどんな種類の回転なのかを見切ることが大事です。


 次に大事なのが相手の攻撃パターンを読むことです。
 相手はフォア攻撃が多いのか、バックを使ってくるのかを観察します。


 ツッツキ合いになった時には、相手の攻撃の少ないサイドにボールを
 送ります。相手が焦れて打ちミスをしてくれればいいし、場合によっては
 変化ボールでチャンスを作って攻撃を仕掛けます。


 また相手はフォアサイドから打つのが得意なのか、
 あるいはバックサイドから打つのが得意なのかも見極めます。


 大概の場合、攻撃型はバックサイドからフォアハンドで攻撃する
 のが得意です。理由は踏み込み易いからでしょう。


 試合の序盤では相手のボールに慣れるために、相手の得意サイドから
 打たせておき、勝負所で相手の苦手なサイドから打たせてミスを誘います。
 打たれても、来るコースが分かれば拾えるからです。


 サービスを持った時に注意する点は、レシーブから強打されないことです。
 ツッツキレシーブをさせて3球目は得意のツッツキで相手の苦手コースを
 突きます。変化サービスをフォア前、ミドル前、バック前に出し、浮いて
 くればすかさず3球目攻撃を仕掛けます。


 私は序盤では相手のフォアサイドに打ち、中盤から終盤ではバックサイドに
 打ちますが、これは相手次第です。要は相手の待っているサイドをはずす
 ことが大事です。


 以上の様に、相手の攻撃パターンに早く慣れて鉄壁のカットで守り、
 変化サービスから攻撃を仕掛けていくとカットマンは勝ち易いです。


 まずは1つ1つの技のレベルを上げ、得意を磨き、
 それをよく知った上で戦術を組み立てていくことです。


 用具も関係してきますので、ラバーの特徴をよく知っておくことも
 必要ですね。


 まだまだ言い足りないのですが、長くなったので、
 この辺りで止めておきます。(^^;;


 練習(や試合)、がんばってくださいね。(^o^)/~

2013.12.18 06:23 | Comments(0) | Trackback(0)


TOP 次の記事へ>>
<<2013年12月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント