<カットの切る・切らないについて>

初心者卓球上達法、e3-pingpong のOBUです。
いつも読んで下さって、ありがとうございます!

では、さっそく今日の本題に参りましょう!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
今号のテーマ <カットの切る・切らないについて>
○─────────────────────────────────○

カットマンのGさんから、質問メールを頂きました。


> お久しぶりです。
> 最近、表カットに挑戦しているのですが、
> 表カットはナックルカットの中に切れたカットを入れるのですか?
> それとも、切れたカットの中にナックルカットを入れるのですか?
>
> ナックルカットが高めで浮いてしまいます。

これは色々な考え方があります。
相手次第で戦術を変えられるのが理想と言えます。


ナックルに慣れさせておいて、ヤマ場で切れたカットで
ネットミスを誘うのか。


切れたカットに慣れさせておいて、ヤマ場でナックル
カットでオーバーさせるのか。


表ソフトや裏ソフトを使うと自分で切る・切らないの変化を
つけられるので、上記が「意識的に」出来ます。


せっかくですので、その利点を十分に活かしましょう。(^^)


自分はどちらが得意なのか。
相手はどちらが苦手なのか。


自分の得意を相手の苦手にぶつけるのが、勝負の鉄則です。
自分の長所を相手の欠点にと言い換えても良いです。


Gさんはどちらのカットが得意でしょうか。


仮にナックルカットが得意だとすると、やはりそれを中心に
ラリーを組み立てて、勝負所で切るカットを混ぜて角度を狂わし、
またナックルに戻して、さらにオーバーミスを誘うと。

※切るカットが得意な場合は、今の逆です。


そうやって自分の得意を磨いておき、相手が苦手な方を
見極めて配分を変えてやることです。


・・・・・

ご質問はカットについてですが、実はツッツキを含めて、
全体を考えるべきです。


と言うのも、試合においてはいきなりカット対ドライブの
ラリーになるものではなく、たいていの場合はツッツキが
あって初めてカットのラリーになるからです。


レシーブや3球目はツッツキが多いですよね。


ですから、ツッツキにも切る・切らないを混ぜます。


そうしながら、相手は今「切れたボールに合っているのか。
切れないボールに合っているのか」を検証します。


送るコースも大いに関係します。


相手にバックサイドからフォアに飛びつくような感じで
打たせると、角度が狂いやすいです。


私はナックルカット主体(ツッツキも含めて)だった時期から、
切るカット主体に変えて今に至りますが、もう一度ナックル
カットを主体に戻そうかと考えています。




> ナックルカットが高めで浮いてしまいます。

相手がループを掛けてきた時は、ナックルは難しいので、
軽くつないできたボールにナックルカットをするのが
良いと思います。


もしくは相手が伸びるドライブを打ってきて、こちらに
余裕がある時でしょうか。


よくボールを引きつけて身体全体を使い、いかにも切る
カットが送れる体勢から、手首だけは使わず、ラケットを
押し出すようにしてナックルカットを送ります。


柔らかくタッチしながら「自分のボールにして」返球します。
決してボールとケンカしてはいけません。


試合会場にいる上手なカットマンや、ベテランで
カットマンを続けている方のプレーなどを参考にすると
良いでしょう。イメージが湧くと思います。


では、練習がんばってください。(^o^)/

 

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
編集後記
○─────────────────────────────────○

カットマンを長年やっていると、どこかで自分のスタイルを変える
時期が必ずあります。

ラバーを変えた時などがそうです。


上手く行っているカットマンを参考にして、自分は何が得意なのかを
見つめ直す必要があると思います。

良いところは採り入れ、自分の長所を活かし、自分のカットスタイルを
創り上げて行くのです。

長い時間を要すると思いますが、とてもやりがいのある仕事です。(^^)v


 

 

2014.06.02 12:42 | Comments(0) | Trackback(0)


TOP
<<2014年06月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント