<曲がるドライブ対策>

初心者卓球上達法、e3-pingpong のOBUです。
いつも読んで下さって、ありがとうございます!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
今号のテーマ <曲がるドライブ対策>
○─────────────────────────────────○

今号も読者さんより質問を受けましたので、
それにご回答する形にしたいと思います。

■ご質問

早速ですがミックスダブルスで試合をしています。
対戦相手が体格の良い人と自分は小柄な人間です。

この時2点ほどアドバイス下さい。
1.相手がドライブの横回転を打ってきたとき
(右横回転・左横回転)の打点の 捉え方が
イマイチ掴めません。

2.長身者 は動く範囲が狭くても良いと判断されますが
小柄な人間は動作を 1、3倍→1、5倍多く
動かなくてはならないと思います。
どのような判断をすれば良いのか・・・

※当然体力をつけて敏速にい動くことが求められると
思いますが・・・

よいアドバイスがいただけたら幸いです。



今回のご質問も、色々な事を含んでいると思いますので、
1つ1つ取り上げていきたいと思います。


> 1.相手がドライブの横回転を打ってきたとき
>   (右横回転・左横回転)の打点の捉え方が
>   イマイチ掴めません。


対戦相手が長身の方で、カーブドライブやシュートドライブを
打ってくる。その時に、打点をどう捉えるかというご質問と
いうことでよろしいでしょうか? (^^;


また、あなた(ご質問を下さった方)はドライブマンでしょうか。
ドライブマンだと想定して、回答させて頂きますね。(^^;;


ドライブマン同士のドライブのラリーはとても見応えがありますね。
台から離れて力強いボールの応酬でどちらに得点が入るのか、
観ていてドキドキハラハラします。(^^)


私はカットマンなので、少し憧れるシーンでもあります。


上手な人同士のドライブのラリー(ドライブの引き合いとも言いますね)
では、伸びるボールがあり、曲がるボールがあり、強く打ったり、
つないだり、色々なボールがあります。


フォアクロスの打ちあいなどでは、カーブドライブの応酬がありますね。
どちらかがカーブをかけると、相手もカーブを掛け返すことが多いです。


その時の打点は、頂点をやや過ぎて落ち始めたところに見えます。
よく引き付けて打つイメージだと上手くドライブを掛け返せると思います。


何本かのラリーの後、どちらか一方が耐えきれず、相手のバックへつなぎ、
そこからバッククロスの応酬が始まりますね。


もし相手のカーブドライブを前陣でブロックするのであれば、
バウンド直後の打点を捉えるのが良いでしょう。


その時には、ボールの軌道からどれくらい横の要素が入っているかを
判断して適切な角度を出す必要があります。


シュートドライブを打たれるシーンでよくあるのは、3球目を仕掛け
られた時と、こちらが苦しくてロビングを上げた時に相手が決め球と
して打つ時の2つですね。


シュートドライブの応酬は私自身はあまり観たことがありません。(^^;
どちらか一方が凌いでいる展開をよく観ます。


シュートドライブは自分のバックへ逃げて行く嫌なボールなので、
バックドライブで掛け返せるようになるのが理想ですが、まずは
打点を落としてロビング気味で返し、反撃のチャンスを伺うのが
良いのではないでしょうか。




> 2.長身者 は動く範囲が狭くても良いと判断されますが
>   小柄な人間は動作を 1、3倍→1、5倍多く
>   動かなくてはならないと思います。
>   どのような判断をすれば良いのか・・・
>   
>   ※当然体力をつけて敏速にい動くことが求められると
>    思いますが・・・

小柄な人が後ろに下がってドライブを引くのは、おっしゃる通り、
身体の大きい人よりも大きく速く動かなくてはなりません。


そう考えると、やはり不利ですが、出来なくはありません。


小柄でも体力トレーニングとフットワーク練習で、大柄な選手に
対等以上に戦っている選手は大勢いらっしゃいますね。


動き出しの判断としては、相手のクセを読むことです。


どんな選手にも必ずクセがあって、コース取りにも同じことが
言えます。大体2~3パターンですので、1,2セット目で
相手のパターンを覚えることです。


打ってくるコースが読めれば、動き出しも速くなり、
余裕を持って対処できるのではないでしょうか。


当然、相手も読んできますから、自分の手の内は読まれない様に
打つコースを散らし「こっちのコースにも打ってくるんダ」と
相手に思わせておかなくてはなりません。


人間は切羽詰まると自分の最も得意なことをするものです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

人間の心理を研究するのも面白いですネ。
卓球にはそういう側面もあるから、奥が深いです。(^^)d



2015.06.02 06:05 | Comments(0) | Trackback(0)


TOP
<<2015年06月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント