<シェークへの転向とバックハンド>

初心者卓球上達法、e3-pingpong のOBUです。
いつも読んで下さって、ありがとうございます!

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
今号のテーマ <シェークへの転向とバックハンド>
○─────────────────────────────────○

読者さんから質問を受けましたので、今号ではそれにお答えします。


> -----【ここから】------
>
> ペンホルダから、シエクハンドに変えたら、
> バツクハンドが振れるようになりますか?
>

練習次第ですが、バックハンドは振れる様になります。(^^)v


ペンよりもシェークの方がバックハンドは振り易いです。


ペンでもバックハンドは振れなくもないのですが、
右肩を入れてフリーハンドを高く取る体勢を作るのに時間が掛り
現代の速い卓球には不利です。


また、シェークに比べてストライクゾーンが狭いので、
習得が難しいです。


逆にペンでバックハンドが振れるとカッコイイのですけどね!(笑)


シェークの一番の利点は、自由度が高い点ですね。


角度とスイング方向を間違えなければ、
どんなボールでも入っちゃいます!(笑)


というのは、ちと大袈裟ですが、
要はストライクゾーンが広いということです。(^^;


卓球をかなりやり込んだベテランの方でも、
ペンからシェークに転向する選手がいます。


それもペンホルダーでかなり上手で、
実績のある選手の方が転向しているので驚きです。


理由を聞いてみると、オールフォアで回り込むフットワークの衰え、
バック側からの攻撃力のアップ、の2点が多かったです。


では、シェークに転向した選手は、どうやってバックハンドを
習得して行けば良いか。


一番、最初にやるべきなのは、ショート(ブロック)の技術でしょう。


ペンから転向した選手は、シェークによるバックハンドの角度を出すのに、
最初に戸惑う傾向があります。


ですので、まずはショートから始めるのが良いと思われます。
この練習でしっかりした角度を身体に覚え込ませるのです。(^^)v


比較的、台に近いところに立ち、

1.相手のフォアハンド対自分のバックショート
2.相手のバック(ショート)対自分のバック(ショート)

を、十分に練習することが良いと思います。


1.と2.では、若干角度と押しが違うはずです。


その違いは何なのか、その違いはどこから来るのか、
自分はどちらが得意なのか、など考えながらやると良いでしょう。




安定して返球できるようになったら、次のステップへ進みます。


台から少し距離を取り、ラリーを引く練習です。


相手の回転を利用して返球するもよいですし、掛っていない時は、
自分からドライブを掛けてやるようにします。


「台から離れても簡単にミスをしない」
「相手に台から下げられた位置でバックを攻められても怖くない」

様にするための練習です。


そして確実に返球する繋ぎ技を覚えたら、今度は自分から攻める練習です。


その他にも、バックハンドを習得するための練習方法は沢山あります。
DVDほかの色々な教材を参考にされると良いと思います。(^^)




もう1つ。


ペンからシェークに転向した選手が一番困るのがミドル処理です。
ミドルと言うのは、右利きの選手であれば、右のわき腹付近です。


これはシェークの選手に共通した泣き所(弱点)でもあります。
フォアで処理すべきか、バックで処理すべきか判断に迷うからです。


私は守備的局面ではバックを使い、攻撃的局面ではフォアを使います。


咄嗟の場合が多いので一概には言えませんが、
大別するとその様に使い分けているのです。(^^)d



ペンからシェークに転向すると、また違った卓球の世界を味わえると
思います。楽しみながら新しい技を覚えて行ってもらいたいです。


練習、頑張ってください。(^^)

2015.11.24 04:10 | Comments(0) | Trackback(0)


TOP
<<2015年11月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブス

最近のコメント